: : olahona : : winery

山形産の果実とワインだけでつくりました。
インターネットでのお買い求めは、
「olahona 通販」で検索するか、
下記のサイトよりお求めください。

Contents 25
Today 60
Yesterday 41
Access 515,040
login
powered by samidare
winery
※50音順に表示

●有限会社 大浦ぶどう酒

南陽市は気候的にぶどう栽培に適しており、南向きの斜面で大切にぶどうを仕立て方式の棚栽培で育てている。南陽市のワイン醸造の歴史は古く、明治中期から始まったと言われる。県内11社のワイナリーのうち4社が南陽市にある。同社はその中心的存在である。
主たる品種はデラウエア種、リースリング種、マスカットベリーA種、カベルネソーヴィニヨン種など。毎年10月には白ワインのヌーボー(新酒)の出荷で人気を呼ぶ。またさくらんぼやラ・フランスを醸造したワインも出している。
山形県南陽市赤湯312


●合資会社虎屋西川工場 月山トラヤワイナリー

月山東山麓の西川町にあり、「月山トラヤワイナリー」として、地元の人に親しまれている。使用されるぶどうはすべて地元の契約農家“葉月会”によって栽培されたもの。『月山山麓 特醸月山』や『月山山麓 山ぶどうワイン』『月山山麓 シャルドネ』などのほかに、ぶどう栽培担当者の大泉奈緒子氏にちなんだ『月山山麓 レーブ・ド・ナオコ』(赤、白)や栽培者の顔が見える『私たちのワイン』シリーズを出している。

微発泡の『ほりいげ(白)』『ほりいげシャルドネ』は冬季限定。『氷下の雫』は極甘口のデザートワイン。
山形県西村山郡西川町大字吉川79


●天童ワイン株式会社

山形盆地の中央に位置する天童市は、日照時間が多くて降雨が少なくぶどう栽培に適した気候。天童市のぶどう栽培は江戸時代から続けられ、その伝統を守る市内の農家と契約栽培したぶどうを素に、オリジナルなワインを造る。

シャルドネ種、マスカットベリーA種、リースリング種、カベルネソーヴィニオン種、メルロー種、ナイアガラ種などを原料に、低温発酵による薫り高いワインが持ち味。人気の『ルージュ』はポリフェノールを高めた飲みやすさが特徴。『わんだふる』はコンコード種から作った甘口ワイン。
山形県天童市大字高擶南99


●浜田株式会社

江戸時代創業の酒蔵。清酒の『沖正宗』とワインの『モンサン』を手がけている。
ワイン醸造の始まりは「山形のワイン」を作ろうと、30年前単身フランスにわたり、醸造技術を学んだ現浜田五佐衛門社長が持ち込んだ。ぶどうの個性を徹底的に生かしたワイン造りを心がけている。

赤ワイン用には本場ボルドーから取り寄せたメルロー、カベルネソーヴィニオン、白ワイン用にはシャルドネ、ピノブランなど厳選素材を使用し、じっくり仕込んでいる。olahonaには地元産の名品館山りんごを使用。
山形県米沢市窪田町藤泉沖943-1
これはお酒です。飲酒は20歳を過ぎてから。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える可能性があります。
WEB画面上の画像イメージは、PC環境等により実際の色合いとは多少異なる場合がございますので予めご了承下さい。
olahona gallery